観葉植物のお祝いお助けホットライン

もしもの時に困らない、観葉植物に関する詳細内容を記載しています。

観葉植物でお祝いは事前調査とコンパクトと手間省く

もし観葉植物で誰かにお祝いをしようとするならば、まず最初にやるべきことは事前調査となります。その事前調査では贈りたい相手の人が植物好きであるかないかとなります。植物自体に関心がなかったり、世話をすること自体が嫌いな人にそれを贈っても余計なことをするだけで迷惑になるからです。その調査で植物に関心があったり世話をすること自体が嫌いでないことが判明した時点で観葉植物を贈る最初の条件が出来上がります。しかし最初の条件ができたとしてもなんでも贈ればいいわけではありません。まずサイズは極力小さなコンパクトである必要があります。あまりにデカいと家の中に入らないなどの恐れがあるからです。またあまりに大きいとそのお世話も大変で迷惑になってしまいます。そのためお世話の点も考えると肥料や水などの手間を省ける種類、かつ家の中でも栽培しやすいコンパクトな種類が候補のうちの1つとなります。

観葉植物をお祝いとして贈る場合の注意点

観葉植物はお祝いとして人気があり、特に開店祝いとして使われることが多いです。この場合の注意点は、そこがどんなお店かということを良く考えてから贈るということです。特に店の規模やどんなジャンルのお店なのかを考えて、それにふさわしいものを選ぶようにすることが大切です。例えば幸福をもたらすと言われるガジュマルの木などは手のひらサイズのものもあり、小さいお店だけれどこれから頑張ろうとしている人たちにぴったりのものと言えます。またもう少し大きな店であれば、人気のある胡蝶蘭などもふさわしいでしょう。自分で選べない場合は花屋さんに相談するのが一番ですが、その場合に考えておきたいのはあまりにも人気のある品種の場合は、他の人たちと同じものを贈る可能性が出てくるということです。少しでも自分の個性や自分なりのお祝いの気持ちを伝えたい場合は、もう少し違うものを自分の価値基準で選ぶのも良いでしょう。

お祝いで贈るならこの観葉植物がオススメ

お祝いの品、何を贈れば喜んでもらえるか迷います。全身全霊で祝福の気持ちを伝えたいなら、観葉植物がオススメです。一番気品に溢れていて格式高い植物は「胡蝶蘭」特に50代以降の年齢層の方にはとても喜ばれるでしょう。花言葉も幸福が飛んでくると言われ、繁栄や安定を表します。ただ一つ難点なのは、気品に満ちた植物なので管理も難しい事です。なるべく相手の手間もかけず、おめでたい席にピッタリな観葉植物なら「ドラセナ」もオススメです。幸福の木と呼ばれ、引っ越しや開店祝いなど新たな門出を祝して送られる事が多いです。直射日光と寒さに弱いので、室内に置く事が前提ですが玄関でもリビングでも置き場所に困る事がありません。水やりも表面の土が乾いてきたら与える程度なので贈られた人の手間もとらず、インテリアとしてもお洒落です。貰う側の事を考えた観葉植物と言えるでしょう。